シークワーサーの通販と販売、ジュース&原液&果実@沖縄のシークワーサー

シークワーサーの通販と販売、ジュース&原液&果実@沖縄のシークワーサー

HOME > シークワーサー豆知識 > シークワーサーとは

シークワーサーとは

シークワーサーは、沖縄を代表するフルーツです。沖縄ミカンと呼ばれる、沖縄地方でできるかんきつ類の一種で、しかも、人間の健康にも、とてもよいとされています。

そして、シークワーサーは、主に、沖縄本島北部にある密林地帯、ヤンバル(山原)に自生しています。特に、他のかんきつ類の栽培も盛んな、ヤンバルの大宜味村がシークワーサーの栽培地としては有名です。食用として出荷されるほとんどのシークワーサーは、大宜味村で栽培されていると言われているほどです。ヤンバルのほかにも、北は奄美諸島から、南は台湾まで、シークワーサーの栽培は分布しています。

一方、シークワーサーの果実は、熟すとオレンジ色になります。大きさは直径4センチほどです。通常のミカンをはじめとしたかんきつ類と比べると、やや平べったいため、本土では、ヒラミレモンとも呼ばれています。

さらに、シークワーサーの未熟な果実、青切りの状態で収穫する場合もあります。この青切りの状態だと、あまりに酸っぱすぎて、そのまま食べることはありません。むしろ、薬味として使われることが多いようです。

沖縄のシークワーサーの美味しい季節 | 特徴
「シークワーサー豆知識」トップへ | シークワーサーの通販と販売、ジュース&原液&果実@沖縄のシークワーサートップへ

■サイドバナー■

シークワーサーMENU

シークワーサーMENU

運営者&相互リンク




HOME - シークワーサーの栽培と育て方 - シークワーサー豆知識 - 効果,効能,成分 - 原液 - 沖縄のシークワーサー - 美味しいシークワーサー

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ