シークワーサーの通販と販売、ジュース&原液&果実@沖縄のシークワーサー

シークワーサーの通販と販売、ジュース&原液&果実@沖縄のシークワーサー

HOME > シークワーサー豆知識 > シークワーサーの由来

シークワーサーの由来

シークワーサーは、沖縄を代表するフルーツです。別名、平実檸檬、ヒラミレモンといわれています。なぜヒラミレモンなのかというと、温州みかんなどよりも、シークワーサイの実がやや扁平、平べったいからだといわれています。学名は、Citrus depressaです。ミカン科の常緑低木で、もちろんかんきつ類です。

そして、なぜ、シークワーサーというのには、理由があります。沖縄の方言で、シーは酸、酸っぱいという意味です。そして、クワーサーは、食わせるもの、食べ物をあらわします。この2つの言葉をあわせて、酸を食わせるもの、酸っぱい食べ物、となります。

さらに、沖縄ならではの芭蕉布にも関係があります。芭蕉布を織り上げた時、そのままでは固い布のままなので、シークワーサーの果汁で布を洗い、やわらかくしたことでも由来します。

シークワーサーは、北は奄美諸島、南は台湾までのエリアで、自生するといわれています。その中でも特に、沖縄本島の北部、ヤンバル地方で多く栽培されています。さらに、そのほとんどが、長寿の村として全国的に知られる大宜味村で栽培されたシークワーサーなのです。

効果、効能 | 加工食品
「シークワーサー豆知識」トップへ | シークワーサーの通販と販売、ジュース&原液&果実@沖縄のシークワーサートップへ

■サイドバナー■

シークワーサーMENU

シークワーサーMENU

運営者&相互リンク




HOME - シークワーサーの栽培と育て方 - シークワーサー豆知識 - 効果,効能,成分 - 原液 - 沖縄のシークワーサー - 美味しいシークワーサー

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ