シークワーサーの通販と販売、ジュース&原液&果実@沖縄のシークワーサー

シークワーサーの通販と販売、ジュース&原液&果実@沖縄のシークワーサー

HOME > シークワーサーの栽培と育て方 > 栽培での冬対策

栽培での冬対策

シークワーサーは、家の庭に植えると、代々(橙)家が栄える、と言われる、縁起のいい果樹です。シークワーサーは、常緑樹で、花にはほのかな香りがあって、見た目もとても美しいです。

このシークワーサーは、沖縄だけではなく、関東から九州の、気候が温暖な地域でも栽培することができます。

シークワーサーの栽培では、日当たりが最も大事です。日当たりの良し悪しで、甘味が変わるといっても、過言ではありません。ので、できるだけ日当たりのいい場所に植えましょう。品種によって多少差がありますが、共通しているのは、冬の寒さが苦手です。

もし、寒い冬に栽培する場合、霜よけと雑草よけのため、シークワーサーの果樹の株まわりを、敷き藁やバークチップなどで覆うマルチングをします。

冬でも葉が茂っているかんきつ類などの常緑性の果樹は、葉に栄養を貯めたまま、越冬します。シークワーサーの果樹は、他の果樹と比べて耐寒性が弱く、寒さが厳しくなると葉が黄ばんできて、落葉することもあります。葉が少なくなると、葉の栄養が不足し、次の春に結実しにくくなります。シークワーサーの果樹をいかに寒さから守って冬を越すかが、豊作に結びつけるポイントともいえます。

栽培するときの注意点 | 栽培の特徴
「シークワーサーの栽培と育て方」トップへ | シークワーサーの通販と販売、ジュース&原液&果実@沖縄のシークワーサートップへ

■サイドバナー■

シークワーサーMENU

シークワーサーMENU

運営者&相互リンク




HOME - シークワーサーの栽培と育て方 - シークワーサー豆知識 - 効果,効能,成分 - 原液 - 沖縄のシークワーサー - 美味しいシークワーサー

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ