シークワーサーの通販と販売、ジュース&原液&果実@沖縄のシークワーサー

シークワーサーの通販と販売、ジュース&原液&果実@沖縄のシークワーサー

HOME > シークワーサーの栽培と育て方 > 栽培の特徴

栽培の特徴

シークワーサーは、沖縄などの暖かい地域で育つイメージがあるかと思います。沖縄にある長寿日本一という村、大宜味村が、シークワーサーの名産地として有名です。他のかんきつ類よりも、ノビチレンという成分を2倍から12倍も含むため、健康にもよいミカンとして一時期、ブームになりました。

シークワーサーは、味も素朴で、とてもおいしいです。シークワーサーをジュースにしたり、サラダで食べたり、沖縄では、さまざまな料理に果汁を絞ってかけます。

そして、シークワーサーは、沖縄だけではなく、日本全国の温暖なエリア、関東から九州でも、栽培することができます。シークワーサーの果樹は、1本でも実がなります。

シークワーサーの果実は、1個およそ20グラムです。ノビチレンをはじめ、クエン酸、βクリプトキサンチン、ビタミンCなどを豊富に含んでいます。収穫時期は12月で、栽培する地域や環境によって、1ヶ月ほど前後します。主な用途は、香り付けとジュースです。

南国のフルーツといわれるだけあって、耐暑性が強く、育てやすいといわれています。果樹畑をはじめ、花壇、7号鉢以上の鉢植え、庭木、記念樹などとして植えることができます。1本で4、5年持ちます。受粉樹は不要です。大きさは、2メートルから4メートルほどになります。マイナス5度程度まで耐えられますが、寒冷地だと早生品種で栽培しましょう。

栽培での冬対策 | 栽培の流れ
「シークワーサーの栽培と育て方」トップへ | シークワーサーの通販と販売、ジュース&原液&果実@沖縄のシークワーサートップへ

■サイドバナー■

シークワーサーMENU

シークワーサーMENU

運営者&相互リンク




HOME - シークワーサーの栽培と育て方 - シークワーサー豆知識 - 効果,効能,成分 - 原液 - 沖縄のシークワーサー - 美味しいシークワーサー

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ