シークワーサーの通販と販売、ジュース&原液&果実@沖縄のシークワーサー

シークワーサーの通販と販売、ジュース&原液&果実@沖縄のシークワーサー

HOME > シークワーサー豆知識 > シークワーサーの青切り

シークワーサーの青切り

シークワーサーを調べてみると、青切りという言葉を目にするかもしれません。

まず、シークワーサーは、主に、沖縄北部のヤンバルという地域で栽培されているミカン科の果樹です。ビタミンCなどのほか、ノビチレンなどのフラボノイドの一種が豊富に含まれているということで、一時期、多くのメディアで取り上げられました。

そして、シークヮーサーの青切りとは、シークヮーサーは通常、果実が熟すと、ミカンのように黄色やオレンジに色が変わります。しかし、熟す前に収穫するのを青切りといいます。青切りは、熟成した状態よりも、栄養価が高いです。そのため、シークワーサーを生で食べる場合、青切りの状態で、早めに収穫するのです。

青切りシークワーサーの利用方法は、レモンとほとんど同じです。しかし、レモンと大きく違うのは、酸味と香りです。ただ酸っぱいだけではなく、食材によく合い、ポン酢やしょうゆなどとの相性もいいことで知られています。さらに、どの料理にも合うので、いろいろチャレンジしてみてもおもしろいでしょう。

特におすすめな時期は、青切りのシークワーサーが収穫されてすぐ、8月から10月ごろといわれています。サラダのドレッシング、焼き魚、すし酢代わり、刺身の添え物、さらに、ジュースやケーキ、ゼリーなどにも活用できるでしょう。

シークワーサーのジュース | 沖縄県大宜味村について
「シークワーサー豆知識」トップへ | シークワーサーの通販と販売、ジュース&原液&果実@沖縄のシークワーサートップへ

■サイドバナー■

シークワーサーMENU

シークワーサーMENU

運営者&相互リンク




HOME - シークワーサーの栽培と育て方 - シークワーサー豆知識 - 効果,効能,成分 - 原液 - 沖縄のシークワーサー - 美味しいシークワーサー

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ