シークワーサーの通販と販売、ジュース&原液&果実@沖縄のシークワーサー

シークワーサーの通販と販売、ジュース&原液&果実@沖縄のシークワーサー

HOME > 沖縄のシークワーサー > シークワーサーと森の妖精

シークワーサーと森の妖精

シークワーサーの里として知られる沖縄県大宜味村は、人口3,500人あまりの小さな村ながら、さまざまな魅力があります。この大宜味村は、キーワードとして、長寿の里、芭蕉布の里、シークワーサーの里、そして、ぶながやの里の4つを大きく掲げています。

この、ぶながやという言葉は、あまり耳慣れないかもしれません。ぶながやとは、大宜味村のシンボルキャラクターにもなっている、森の妖精のことをさします。

村の公式ウェブサイトによると、ぶながやはかつて、沖縄のほとんどの村で暮らしていました。しかし、沖縄に押し寄せる近代化の嵐に耐え切れず、豊かな自然と村民の人情にひかれ、大宜味村に安住の地を求めてやってきて、命を永らえるようになったとあります。

そして、ぶながやは、平和と自然を愛する稀少種族であり、とてもかわいらしいキャラクターとして描かれています。注目なのは、ぶながやの手にしっかりと、シークワーサーの木が握られていることです。大宜味村の村の木、村の花として、シークワーサーが指定されているからです。

道の駅おおぎみ シークワーサーのソフトクリーム | 大宜味村の木、シークワーサーとクガニー
「沖縄のシークワーサー」トップへ | シークワーサーの通販と販売、ジュース&原液&果実@沖縄のシークワーサートップへ

■サイドバナー■

シークワーサーMENU

シークワーサーMENU

運営者&相互リンク




HOME - シークワーサーの栽培と育て方 - シークワーサー豆知識 - 効果,効能,成分 - 原液 - 沖縄のシークワーサー - 美味しいシークワーサー

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ